RECRUIT

NRIデジタルが求める人材像、採用情報、社員のキャリアインタビューをご紹介しています。

BACK

プラットフォームアーキテクト

安増 拓見

国内外問わず、大手小売業や大手流通業のシステム開発に携わってきたITアーキテクチャの専門家。社内においてもR&Dや事業開発案件を任されることが多い。現在は大手通信会社が提供するID認証、決済システムなどのプラットフォームサービスを、主にシステムアーキテクチャの側面からサポート。高可用かつ高性能が求められるキャリアグレードのプラットフォームサービスを技術面から支えている。
 


多彩なスキルを持つメンバーが多く刺激しあえる環境

NRIデジタルは、グループ企業の中でもメンバーの多様性が特徴的だと思います。社員は2020年4月に200人を超えたところですが、同規模の組織と比較すると、多彩な経歴や経験、スキルを持った社員が多く、私も日々刺激を受けています。
他社でさまざまな経験を積んだ中途入社社員も多く、外の風が入ってくるところも魅力的ですね。業務内容も多岐にわたっています。
メンバー同士で刺激し合える環境は、個人の成長にとっても会社の成長にとってもメリットでしかありません。こうした環境が個々のチャレンジ精神を後押しし、会社全体の成果につながる好スパイラルを生み出しているのだと感じます。

ビジネスとITの両面をつなぐ橋渡しこそが私たちの役割

当社内にも、他社と同じくさまざまなチームやさまざまな立場があり、スタッフが縦横に割られてはいます。しかしそんな壁は一切感じさせないのが当社の強みです。
個々が常に自らの能力を発揮し、いざチームの誰かが困難にぶち当たれば、チーム一丸となってこれを乗り越える。そんな雰囲気が当社にはあります。そんな環境だからこそ、チャレンジングな案件にも誰もが果敢に立ち向かっていけるのだと思います。
私たちの役割は、ビジネスとITの両面を本質的にとらえ、橋渡しになることです。そしてNRIデジタルは、まさにそういう役割が機能する案件が多くある会社だと思います。仕事にやりがいを感じますし、今後も貢献していきたいと思っています。

これまでのスキルを活かしITで社会変革の一助になりたい

ITには無限の可能性があり、世の中を変革させる大きな原動力になるものです。せっかくITの最前線に携わっているからには、この世の中がほんの少しでも前に進むような、社会的にインパクトの大きい仕事をしてみたいですね。
そのために、これまでのITアーキテクトとしてのスキルを存分に活かすことで、目の前のお客さまや、その向こうにある社会への貢献を、自分なりに続けていきます。